点線日記

猫グッズなどについて書いています。

神戸どうぶつ王国(旧・神戸花鳥園)に行ってきた(1)

 

神戸どうぶつ王国(旧・神戸花鳥園)に行ってきました。

 
神戸どうぶつ王国という、ムツゴロウさんチックな施設に行ってきました。名前が花鳥園だと良かったのに、「どうぶつ王国」に大人が行きづらいですね。
場所は神戸ポートアイランドポートライナー神戸空港に行く途中くらいにあります。
名前が変わったのは、1年前くらいに経営悪化で事業会社変更があったようです。
 
何年か前に、神戸花鳥園の画像をデスクトップにしていました。きれいな花がたくさんある温室をたくさんの鳥が飛んでいく写真で、その頃から気になっていました。
大人の入場料は…
1500円!!
 
まあ普通の動物園とは違い、値段に見合った充実した内容ではあったんですが、強気の値段設定ですね。
 
フクロウ
 
入るとまずフクロウがたくさんいる部屋です。フクロウやミミズクですね。飼育員さんがフクロウを腕に固定させて、園内でちょっとお客さんに触らせたり、質問に答えたりしていました。
連れて歩かない、ガラス張りの部屋に展示されているフクロウやワシも、脚を鎖で固定されてるんですね。鳥のためにやってますと言う注意書きもありましたが、何とも言えない。檻に入ってるやつまで?ともちょっと思いますね。
少し先の方では一回三百円でフクロウを腕に留まらせたり、写真を撮る、撫でるサービスもありました。
 
ハシビロコウ

f:id:veritech:20150621130653j:plain

f:id:veritech:20150621130754j:plain

続いて広めの水場に、大人気の目玉どうぶつ、ハシビロコウです。去年上野動物園で見ましたが、関西にいるとは思いませんでした。絶滅危惧種ですが、日本に12羽くらいいるみたいです。

 

f:id:veritech:20150621131334j:plain

 

 

 

f:id:veritech:20150621131404j:plain

柵無しのところにいるんですよ。ハシビロコウの方から人間に寄ってくることはないですが、人間の方から(脚が濡れたりして構わなければ)触りに行けるくらいの距離ですね。二羽いて、それぞれ別の場所に、人間の道とは小川を挟んだ場所にいました。
何を考えているんでしょうね。生息地では人間と暮らしたりはもちろんないので、なんか周りに小動物がいる、くらいでしょうか。
ハシビロコウというのは外国語かと思ったら、クチバシの広いコウノトリという日本語のようです。
 
次が、温室にある食堂とガーデニングショップ。天井から花がたくさん吊るされていてすごい光景です。
 
 
その次は群れる鳥やカモなどのスペースでした。スペースというか動物の種類はここが一番多いかも。

f:id:veritech:20150621132809j:plain

f:id:veritech:20150621135016j:plain

鹿やペリカンなども。
小型サルのショーもありました。ワオキツネザル
フラミンゴは神経質なようで、真ん中の島にもいけず(猿が怖いのか)人に追い詰められて端の方を右往左往していました。

f:id:veritech:20150621135252j:plain

鳥が身近にいるのは素晴らしい展示方法なのですが、フラミンゴはこの展示方法はやめてあげてほしい。人間のほうがうまいことフラミンゴに配慮してくれるなんて期待できません。

f:id:veritech:20150621135152j:plain

 
次はウサギとのふれあい、犬と猫ショーみたいなやつ。犬と猫のショー、要るのかな?こういうのは90年代的な感じがします。
 
(2)に続きます。
広告を非表示にする