点線日記

猫グッズなどについて書いています。

車の6カ月点検に行った

車の6カ月点検に行った日記です。

特にオチとか山はない。

 


車検から半年経ったところで、定期点検のハガキが来た。え!と思ったけど、まあ普通受けるものらしい。

費用は五千円くらい。

 


点検に行くところは購入した中古車店でもいいのだけど、だいぶ遠いので、近くのメーカー直営店舗に変えてみることにする。

 


そのスズキのある辺りは何度か行ったことがあって、二車線だが車の通りがとても多く、さらに車関連のお店・施設(新車ディーラー・中古車店・修理店・GSその他)が密集していて、車による車のための町という雰囲気になっている。

どういう経緯で車関連の施設が集まったのかちょっと知りたい。

 


点検センター(というのかわからないが)に着いて車を停め、受付と思しきやや雑然とした建物に入る。

いくつか席があり、待合テーブルは全て1台1人くらいのお客さんで埋まっている。

予約していた旨を伝えると、もういっぱいなので、隣にあるディーラーの方で待つようにと言われた。受付はすぐに終了。

 


ここで気になったのは受付の簡易さで、あれが私の車ですと伝えてもないし、申込書に氏名住所書き込んだりもせず、ただ鍵を渡しただけであった。

新車ディーラーの横にある施設なので、新車買った人、元々距離の近い人がメインの客ということかな。

 


1時間ほど待つ間やることがない。

主にananと車雑誌を見て過ごした。

車雑誌を見ると、ベンツの逸話とか、いろんな車の車内設備の紹介とかが載っている。そういうのは興味が持てなかったが、車に関する社会的状況についてのコラムは良かった。

ライドシェアというサービスによって自動車販売台数に陰りをもたらすのではないかという懸念も一部あるけど、台数の減少見込みはアメリカで2%、中国で3%の試算で、プラスの効果の方が大きい。

日本ではまだライドシェアが導入されているとは言えない。

確かに需要あるけどいろいろ障壁があり、都市部は公共交通機関が発達してるしとかある。

こういうのをめがけて雑誌読まないけど、機会あって情報入ってくると面白い。