点線日記

猫グッズなどについて書いています。

大阪市ってどんなところなのか、各区の特徴など

5月17日、大阪都構想に関する住民投票が行われ、反対多数ということで否決になりました。

通常の議会選挙に比べ投票率が非常に高く、また賛成と反対の票数が僅差となったことで、開票結果の発表が盛り上がりましたね。

区ごとの賛成・反対の過半数を集計すると、旭区を除いて南北にくっきり分かれたので、大阪市の構造についての分析が盛り上がっているようです。

そういった分析について個人的な結論が出ていませんが、私が思っている各区の特徴についてまとめてみたいと思います。

と思ったら24区もあるんですね。大丈夫だろうか。。

写真とかイラストとかはありません。

まあ全部を熟知しているわけでもなく、個人的な、偏見の入った、偏った見方にはなります。

また記憶に基づいているので、間違っている情報もあるかもしれません。

 

西淀川区

尼崎の隣です。阪神電車が通ってます。

(尼崎は、よく言われますが大阪府に入っていてもおかしくない場所ですね。)

阪神電車というのは、西は三ノ宮駅、東はなんば駅までつながっている電車ですが、近鉄とつながることで名古屋まで通じています。大阪って私鉄が多くて、「これ乗ってたら1本でここまで行けるよ」みたいな話多い感じですね。

 

此花区

咲くやこの花館がある。ことしか知りません。

東部にあるイメージでしたが、海沿いだったんですね。

埋立地でコンサート会場などになる舞洲があるようです。

 

淀川区

淀川区は十三がある所ですね。この前火事があった。

十三というのは、何というか、古い歓楽街です。電車の乗換に使う通り道なので、阪神地区の人はあまり降りたことがないんじゃないでしょうか。

阪急電車で梅田から三宮に行くときも、梅田から京都河原町に行くときも、特急がここに泊まります。

 

東淀川区

大阪から見て淀川区豊中市の手前、東淀川区吹田市の手前にあるという感じですね。

東淀川区にも淡路という阪急の駅があって、京都本線にも千里線にも通じています。

大阪府の中で、豊中や吹田は大阪、枚方や茨木、高槻などは名前の雰囲気からか元京都というイメージがあります。

 

まあこんなところで、くたびれてきたので次回に続きます。

 

-----------------

私について

関西の出身で、大阪市南部に5年ほど住んでおります。

どこがどうというのでもないけど、観察する目線で面白い場所だなと思います。

広告を非表示にする