点線日記

お笑いとか猫とか使ってみたサービスについて書いています。

なんばOCAT、上海時間(シャンハイタイム)に行ってきました

チャーハン欲が高まっていたので、上海時間というところに行ってきました。

わたしは特にグルメについて語る知識を持っておらず、お店を選ぶ基準はただただ入店しやすい、過ごしやすい、緊張しないかどうかです。

この数年は中華料理が好きです。ニンニクや生姜の香りとカロリーの固まりみたいなので、元気になれるからでしょうか。

なんばOCATというところは、第三セクターというのでしょうか、税金を払うところとか、宅建を登録するところがあって、高速バス乗り場もあって、地産地消市場とかもあるところです。そういう意味では文楽グッズショップとかもありますね。

土日のランチタイムに行っても、わりとガラガラ、まったく気合の入っていないところが最高です。

 

OCATにはもう1つ中華料理屋がありますが、そちらは以前行ったので、今度は上海時間に行ってみることにしました。

 

f:id:veritech:20150210200647j:plain

塩ラーメン650円。プラス100円で、唐揚げとか炒飯から選べます。

 

チャーハンが出てきてびっくりしました。

黒い。お店の前にあるサンプルでは、白い普通のチャーハンでした。

 

本当はこのリンク先のようなチャーハンのはずでは?

料理写真 : 上海時間 (シャンハイタイム Shanghai Time)[食べログ]

セットと単品で違うのかしら。

 

食べてみると、ヒジキの香りがします(ヒジキ苦手)。

一口食べるごとに、ヒジキの香りがしました(ヒジキ苦手)。

まずくはない。まずくはないけど、なぜヒジキっぽいやつを入れたのか。

 

あと食器は、レンゲは付いてきませんでした。お箸と、チャーハンを食べる銀のスプーンだけですね。

 


上海時間 (シャンハイタイム Shanghai Time) - JR難波/中華料理 [食べログ]

広告を非表示にする