点線日記

お笑いとか猫とか使ってみたサービスについて書いています。

考えてしまう人はたくさん考えたほうがいいという話

私が購読しているブログの記事で、こんなのがあった。

「職場の同僚がうつ病で辞めてしまった。その人は以前からいろいろ悩んでしまうタイプの人だったけど、"こんなもんなんだ"と割りきって、臨機応変に行動したほうがいい」という趣旨の内容だった。

うつ病は身近に潜んでいました - 男の介護ヘルパー365日

 

私は介護の仕事のことはわからないし、うつ病のことも知識としてしか知らないのだけど、この類のことに付いては、私の中でほとんど結論が出ていると言っても良い。

タイトルにも書いたとおりだけど、いろいろ考えて、悩んでしまうタイプの人は、それを人に話すと「考えすぎ」と言われることがある。

それで、「考え過ぎなのかも…」とまた考えてしまったりするのだけど、考えるのを止めるよりは考え続けたほうが、そのタイプの人にとっては健康に良いだろうし、考え続ければ自分の中で結論が出ることもある。

考える方向がわからなくて袋小路に入りがちな場合に、適切な人と話した方がいい場合もあるだろうし、その辺の一般論とかはわからない。

 

考え過ぎだと言われて、パッと考えるのをやめられる人というのも中には居て、そういう人は簡単に変われる人なので、変わっていけばいいと思う。でもそうでない、考えるのを止められない人も居て、それはその人がおかしいのではなくて、まだ納得がいかないから考えているというだけだ。

というわけで、上のブログ記事の結論が「そんなもん、でいいじゃないですか」になっているのだけど、それは違うと思ったという話でした。

 

もう少し、上の記事について推測で物を言うと、仕事のことで悩んでうつになった雰囲気からは、仕事上問題になったことの責任を自分が過大に見積もってしまうとか(そこまで責任持たなくていいのに、みたいな)、まず自分がしんどくならないように状況整理していこうとかを、やるといいのだろうと思う。

 


 

上記と同じブログも含めて、対照的な記事が書かれていた。

考えない人…あ、私です。 - 男の介護ヘルパー365日

こちらの記事は、考えない人から見ると、考える人が頭が固いようにみえるとか、そんな感じ。

「考えすぎ」という種類のアドバイス罪 - 無要の葉

 こちらの記事は、考える人がその考える内容を、考えない人に話すと、「考えすぎ」と言われてしまう。内容の話をしてるのに「考えすぎ」って、何?その、あさっての方向からのツッコミは。

 

どっちが正しいという話ではなくて、人間のタイプの違いなのでしょうね。

 

私の場合は、考えすぎって言われたことあったけど、そんなに何回もは無いかな。相手が聞いてなさそうだったら話しないからだろうか。

 

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/5/56/The_Thinker%2C_Rodin.jpg/640px-The_Thinker%2C_Rodin.jpg

広告を非表示にする