点線日記

お笑いとか猫とか使ってみたサービスについて書いています。

最新のテクノロジーについて(Google glass、Oculus Rift、Apple Watchなど)

Google glassOculus RiftApple Watchなど騒がれてるハードウェアについて。
 

Google glass

Google glassは一般発売はまだまだ先みたい。
アマゾンで開発版が発売されている。アメリカでは一般向けにもけっこう普及している。Amazon jpでは並行輸入品として売られている。Amazon.comでは開発版が19万で売られている。jpでも同じような値段だ。comで中古品が10万円で 売っていたので、それでいいんじゃないかと思った。
Google glassはアプリがJavaで作れるので、開発を考えると私にはとっつきやすそうだと思った。Oculus Riftのunityよりはだいぶなじみがある。1日ぐらい考えていたんだけど、何を作るかと言うのは、なかなか思い浮かばない。
入力方法が特殊だ。
これは、今特殊だなーって思うんだけど、将来的にウェアラブルデバイスのハンドジェスチャーとか加速度とか角度とかの入力方法が一般的になれば、キーボードやマウス、タッチパッドの入力が特殊だったよねってなるやつだと思う。
Google Glass グーグル グラス 開発者向け

Google Glass グーグル グラス 開発者向け

 

 

Apple Watch

Apple Watchは12月に発売されるらしい。Androidのスマートウォッチはあまり成功してないがこちらはどうなるのか。Appleでは開発版だしてジワジワ知らせるみたいなのがなくて、9月に発表して12月に一気にドーンと出す感じ。
5年位前にiPadが発売されて、会社で珍しげに購入していたのを思い出す。新しく出たガジェットをIT企業で皆で触るために買うって言う文化があると思うけど、Google glass みたいに19万もしたら、業務で使う予定がないと、なかなか買えなさそうだ。
 

Oculus Rift

Oculus Riftって全然知らなくって、まだ噂だけの段階かと思っていたら、もうかなり一般に普及しし始めているらしい。値段も6万ぐらい(カラメル)からあって、Apple WatchとかGoogle glassとかに比べると、だいぶお手頃価格だ。
調べていると、ニュースサイトでOculus Riftのアプリを作った人のインタビューがあった。カラオケで女性限定試用イベントとかやっているらしい。オタク男で好きなアニメキャラを嫁とか言ってる人がいるけど、その女性バージョンの人だ。そういう人が使うんですよね。


憧れのキャラに魂を実装する作り手に―Oculus rift ソフト開発者 金魚草さんインタビュー – もぐらゲームス

この人のツイッターもフォローしてみたら、いろいろイベントとか楽しそうで、どんな感じなのかがよくわかる。

 
関連商品でEPSON MOVERIOというのがある。日本で作れるのかよと思ったが、この手の商品にしては評価が良いみたい。
EPSON MOVERIO シースルーモバイルビューアー BT-200AV

EPSON MOVERIO シースルーモバイルビューアー BT-200AV

 

 私はゲームとか「嫁」とかよりは、映画のほうが興味あるので、こちらの方が親しみやすいかもしれない。レビューを見るとMacBookを映している人もいるみたいだ。

 
Oculus Riftを大阪でも触れるところないかなと思っていたが、今度八尾で宇宙戦艦ヤマトのイベントがあって、体験できるらしい。


宇宙戦艦ヤマト2199

八尾、この前行ったばかりだよ。(子供向けのイベントだったら、大阪版秋葉原日本橋に行くよりは抵抗感が低いかもしれない)
私は3D体験を全然したことがなくて、アバターみたいなのも一切見てない。
 

流行を追いかけることについて

tedで聞いた話だったと思う、これみたいなやつ。
と思ったけどこれじゃなかった。まあこれに近い論調の話だった。
流行が広まっていく時の人々の行動として、流行を常に追いかけて、一番にゲットする人と、流行ってから取り入れる人と、かなり後になって取り入れる人と、3種類ぐらいに分かれる。
かなり後になる人って言うのは、例えば電話を買い換えないといけない時に、もはやダイヤル電話が売ってないからという理由で仕方なくボタン式に変える。という話が良かった。それはそれで面白いじゃないか。
 
逆に流行を追いかける、ヒット商品を取り入れられる人も、必ずしも直感がすごいとか、流行るものを予知できるわけではなくて、情報を常にたくさん取り入れるから、流れについていけるんだろうなと思う。
広告を非表示にする