点線日記

お笑いとか猫とか使ってみたサービスについて書いています。

最近のバラエティでの女性の扱いについてなど(11/15のめちゃイケや、ロンハー、モヤさま)

番組の内容

11/15(土)にめちゃイケを久しぶりに見たらおもしろかった。

 

女性向けな感じで良かったのではないかと思う。などと書くと、フェミみたいな人が批判している意見を見つけたりする。

 

番組の内容は、オアシズ大久保さんが、いつもと少し違うメイクをして、男性レギュラー一人一人の反応を見ていくというものであった。

 

昔は白塗りだった

オアシズ大久保さんと言えば、今勢いで言えば番組でトップぐらいだ。昔は引退しかけでOLと兼業して、ちょっと出させてもらうぐらいだったのから大変な出世である。

少し前に見た時は、顔を白塗りにしてオバQにしたり、男性レギュラーにマッサージとかしていたと思う。

それが今ではメイクのちょっとした違いを当てさせる企画である。

 

男性陣の反応

男性レギュラーの反応としては、よゐこ濱口と敦士というモデルの人の様子が褒め称えられていた。

敦士は、ファッションに理解があるからか、多少奇抜なメイクでも馬鹿にしたりはしない。

濱口の時は難易度が高く、アイラインを長く引いているだけだったのだが、トリートメントの違いまでも当てていた。

まあどこまで演出が入っているのかわからないが、大久保さんが目が細いだけでそんな貶すような顔じゃないのだと思う。

 

敦士という人は初めて見た。一見チャラい顔付きなので、人を馬鹿にしそうに見えるのだけど紳士的な感じで、エグザイルと思った。

 

その他のレギュラーは加藤、矢部を筆頭に、何褒めてんだよ、おかしいだろと野次を飛ばす。

それに対して光浦を先頭に女性陣が抗議するという流れであった。

司会の岡村は番組終盤に近づくにつれて、ジワジワと女性風の化粧をしていき、それも濱口に気づかせるというオチであった。

 

最近のバラエティは骨組みが雑

途中までは男性レギュラーの反応に「-710pt」などと点数をつけていたのだが、敦士や濱口が出てきた途端に、反応を見せるのに時間がなくなったのか、点数表を見せなくなった。

同じようなことが以前ロンハーでもあった。オネエキャラとデートをしたいランキングみたいなのを田村淳がランキング発表していたのに、5位まで発表したところで別の内容に移ってしまい、6位以下は発表されなかった。

観ている人は気付かない、気付いても番組が決めたルールでどうでもいいと思っているのだろうけど、気付く人は気付くし、本で言うと後半のページが破られているようで気持ち悪い。

 

女性の扱いについての考え方(ロンハー、モヤさま)

濱口を賞賛することにフェミみたいな人は多分抵抗を示すのだと思う。それはどんな論点になるのかわからない。よくタレントとスクープされていて、今でも独身の人が、そんな善良な訳がない、みたいな感じか。

 

関係ないのだけど、ロンハーで、田村淳が独身女性タレントの家に泊まりに行くという企画をたまにやっている。

部屋の片付き具合とか台所がきれいかどうか、料理や酒がうまいかを姑みたいにチェックするので嫌がる人も居るようだ。

私はそりゃ来られたら嫌だけど、部屋はきれいな方がいいよな、ごはんおいしいほうがいいよな、と言う感じで普通に観ていた。タレントがタレントの家に行くだけだし。

ニッチェ近藤の家に行った時に、淳が寝る敷布団の下に、柔らかくなるように更に布団を敷いていて、それは良いなと思って現在私も真似している。

 

女性目線で嫌だなと思うのは、モヤモヤさまぁ~ずでの狩野アナの扱いである。事あるごとにやたらと、狩野アナが特に三村に批判され、貶されている。

この間は「やっと最近見れるようになってきた」などと言われていた。

あまり、どういうところを批判されているのか正確にはわからない。狩野アナの服はいつもなんか変だなと思うが、テレビ東京のアナウンサーらしいところは別にいいじゃないかと思う。一つの評価軸上に、フジテレビ、TBS、テレビ東京と居るんではないと思う。そんな洗練されなくてもいい。

前任の大江アナの魅力もいまいち私はわからない。何気なく観ているので理由はないのだけど、私がモヤさまを観るようになったのは狩野アナになってからである。

 

 

 

広告を非表示にする