点線日記

猫グッズなどについて書いています。

咳喘息で病院に行ったらおおごとな感じになった

 咳喘息というのは、(私のイメージ)プチ気管支喘息みたいな、気管支喘息より症状が軽めのやつで、大人になってからなる(イメージ)。

 私は昨年か、一昨年ぐらいからなってる。特に、風邪を引き終わって一段落して、風邪の他の症状が治まってから出てくるというのが決まっている。客観的に見て、咳自体は大したようにみえないというか、「あ、風邪かな」ぐらいの感じ。それが何か1ターンの咳が長いし、こみ上げる咳という感じで、寝てる(横になる)ぐらいしか解決法が無い。リラックスして、空気が汚くないところで、じっとしてるのが一番良い。

 ずっと寝てるほど体力減衰してるわけでもないのに、とにかく咳が出る。パソコンに向かうのでも何でも、あの作業やらなきゃと思って取り組む度に、何かやる度に咳が出る。ひとまとまりのことに集中できない。

 

 私の場合は夜に寝れないというのでもないんだけど、ネットで調べると咳で夜に寝れないという人も多いらしい。むしろ私は寝てるときは治まる。朝起きたときが一番調子がいい。

 製薬会社アストラゼネカの、こんなアプリもある。

チェンジ喘息!アプリ

チェンジ喘息!アプリ

 

チェンジ喘息!なるほど ぜんそく.com-喘息(ぜんそく)の正しい知識と治療についての総合サイト

 昨年は何だこれと思ってたんだけどけっこう要るのかも。

 昨年は「咳喘息 大阪」で一番上ぐらいに出てた病院に、少し遠かったけど行った。レントゲンを撮って軽く問診して、喘息の吸入薬をもらった。吸入薬は効いたような効かないような。飲まなくたって2週間ぐらいしたら治るので、それぐらいで治って、効いたのか分からない。

 今回は上記の検索結果に出てきた中のもう少し近い病院に行った。

 問診の後、レントゲンを撮った。レントゲンで例えば百日咳とかウイルスとかバイキンが原因かどうかわかるんだが、そういったものでは無さそう。

 すると、アレルギー、花粉症と言った傾向も疑われる。

 問診では両親にアトピー、アレルギーとか喘息の人居ないですかって言われて、居ないって言った。父親が子供のとき、体弱かったと思うが、今は元気なので何の病気だったのか、強調して言われてないので何かわからない。姉もわりと子供のとき、病気が多かった。二回目の問診で姉がアトピーですと言うと、居るじゃんと言われた。そこまで遺伝性が高いのか。

 アトピーとアレルギーの違いが分からない。

 

 アレルギーを判定するには血液検査だということで、血液検査をした。嫌いだよ血液検査。ベッドに寝て採血してもらう。

 血液検査の結果は1週間だか2週間で分かる。

 こんなに薬をもらった。

https://lh6.googleusercontent.com/-I_tK80FYgYA/VCpmj9YPpkI/AAAAAAAAAHw/VLxNVfrawoM/w517-h557-no/2014-09-30%2B17.09.20.jpg

 クラリスロマイシンとカルボシステインは、耳鼻科に行くといつももらう。

 シムビコート・タービュへイラーは、昨年も内科で咳喘息にもらった。

 一番上のツロブテロールテープは胸か背中に貼って気管支を拡張するという、聞いたことのある貼り薬だ。抗アレルギー薬のシングレアは眠くなるやつなんで寝る前に飲むらしい。これ以上寝れても困るけど。

 

 という感じで8,480円もかかった。

 ほんとは昨年内科に行ったときに、これぐらい検査しても良かったんだ。これぐらいあるかもと思ったんだけど、薬だけで済んで、忙しかったので良かったけど何も解決に進まないというか。

 

 風邪引いてないときは何も無くて、春夏は何も無いから、何も無いと思うんだけど、怖いのが、こういう症状が出て咳が止まらなくなったのが、猫を飼い始めた秋冬からなんだよな。