点線日記

猫グッズなどについて書いています。

猫のハンモックベッド

ペピイで買ったハンモックタイプのベッドが良かった。

 f:id:veritech:20170628132742j:image

てっぺんに布が張っていてハンモックぽくなっている。

f:id:veritech:20170628132542p:image

製品はすごく重い。6キロの猫が乗っても大丈夫。

f:id:veritech:20170628132455p:image

 

外壁に穴が空いていておもちゃを通したりできるけど、あまりその遊び方はしていない。下の洞穴が気になるようで、猫が何回か入っていたけど毎回すぐ出てくる。

部屋の中の通り道の、猫がよく床に座っていた所に置いた。気に入ったようでよく座っている。遊ぶときは、猫がハンモックに座ってて、下からおもちゃで触ると興奮する。

布の色が薄くて抜け毛がわかりやすい。

 

www.peppynet.com

ワイヤレスチャイムを自分で付けてみた感想

家についているドアチャイムが、「小さめブザー音」という感じで、ちょっとよく聞こえない。隣宅で鳴ってる音と音量が同じぐらい。

しかも鳴らしたことないけど、ドアの外にたぶんほとんど聞こえてないみたいで、配達の人にドアをガンガンされる。音が小さいのは大変良いことなのだけど、叩かれるのが一番ストレス。鳴らした方も鳴らした感がないとまあそうなると思う。

それでドアチャイムを自分でつけれるのかなと思って付けてみた。

 

呼び出し音が豊富で一通りメロディーが揃っていた。定番の童謡だけでなく何かわからないようなのも入っていて良い。私はなんか悲しげなロシア民謡みたいなのにしてる。

音量は5段階で最小音量にしている。隣の部屋にいて十分聞こえる。

最初コンセントに差した瞬間に大音量で鳴るのですごいびっくりした。差した瞬間に鳴るのは避けられないので、一回設置したら移動しにくい。

音量ゼロにしてLED点滅だけにすることもできる。

 

3Mの強力接着テープが付いていて、平らな壁ならどこでも付けられる。剥がせるかはわからない。

設置後は、だいたい配達の人はもともとのブザー押した後Tenswallも押す。特にこちらを押してくださいとか貼ってなくて、一度、もともとのブザーしか押されなかったことは一度くらい。

セールで1000円台なので気軽に買えた。まあ使えなくてもそんなにがっかりしないと思って買ったけど、買ってよかった。1か月ほどになるけど普通に使えている。

猫がおしっこ出なくなった(ストルバイト結晶)ときにあげたごはん

すごいお久しぶりです。

 

以前、猫がストルバイト結晶になったときがあった。まあ大したことはないけどおしっこが出なくてちょっと心配という感じ。

その時の療法食としては、ロイヤルカナン「オルファクトリー」というのをあげたりした。
しかしこれがあまり食べない。
完全に嫌いというのでもないけど味が好きじゃないみたいですと、動物病院に相談したりしていた。
オルファクトリーの後、あと1種類のフードを経た後、獣医さんが教えてくれたサイエンスダイエット「ユリナリー」というやつに落ち着いた。メタボリックス。

www.hills.co.jp



完全に結晶の症状が出てるときには適さないけど、普段の生活で尿を出させるにはちょうどいいフードらしい。
どのフードがいいかといろいろ成分表見てて、ナトリウムが少ないのが良いとも限らないみたい。よくわからないが、下のように私は理解した。
・完全に膀胱炎とかなってる→!塩分厳禁!
・健康な状態で予防しておきたい→ちょっと塩分を濃くしておしっこを促す
ユリナリーは後者みたいです。

しかしこれがめちゃくちゃ高い。普通の食事の2倍ぐらい。
これだけだと猫も飽きるしずっと療法食もあれなので、以前食べていたインドアも混ぜている。
という感じで1年ぐらいか。けっこう時間が経ったけど、まだユリナリーとインドアの併行で食べている。

 

 

 

ロイヤルカナン FHN インドア 猫用 4kg

ロイヤルカナン FHN インドア 猫用 4kg

 

 

ASUS ZenBook3 UX390UA-256GB買った

ASUS ZenBook3というノートパソコンを買った。

www.asus.com

もともとMacBookAirをメインで使っててWindowsをがっつり使うつもりなかったんだけど、仕事でWindowsばかり使ってて、とりあえず持ってたDynabookが気に入ってなかったのでちゃんと選ぶことにした。

このUX390UAはストレージがSSD256GB、メモリ8GBで、持ち運ぶつもりだから重さ0.9kgというのが素晴らしい。

だいたい情報を集めるのに価格コムとかメーカーHPを見てたんだけど、ASUSは今年Zenbookをぼんぼん出しててこれも発売されたばかり。他にゲーミングPCとかもあって、ゲームしないけど動作が軽そうだなと興味あったけど、軽いのがこれだったのでこれにした。

f:id:veritech:20161208211302j:plain

キーボードの文字盤とかの基本文字色が黄色で、写真ではそんなものかなとか加工してるのかと思ったけどほんとにこの色かよ。

最近ASUSがなんか面白いなあと思ってて、これもうまく使えるといいなと思う。

 

でも使い始めると固まったりとかしてるので、本格的に不具合で使えんとかなったら返品するかもしれないという状況ではある。購入のタイミングが発売後すぐすぎるというのはある。

確実に使えるやつというと値段を考えないくらいになるけどSurfacebookかLet's noteとかだろうか。

 

普通にセットアップしたつもりで使ってたらネットがむちゃ重くて、調べるとWindowsUpdateがまだ終わってないというのがあった。そのあと2回ぐらいWindowsUpdateして時間が掛かった。

 

2、3日続けて毎日WiFiがぶつぶつ切れたので、サポートに電話した。携帯からだと通話料が有料だが普通に日本人の技術者につながり、デバイスマネージャーでネットワークアダプタを消してみて、様子を見てくれと言われた。

f:id:veritech:20161208213942p:plain

f:id:veritech:20161208213919p:plain

このIntel Dual Band Wirelessというやつを右クリックで削除。削除前はこの下にWanMiniPortとかいうのがいっぱいあった。

 

あと先ほど、エクスプローラで特定のファイルを右クリックするとエクスプローラが落ちるというのがあったので、これも検索するとWindowsのバグみたいなやつだった。

blog.heiichi.com

このパソコンの特色なのかわからないけど、画面がきれいすぎて字も小さいし目が痛くなる感じがあるけど、デスクトップにもともとあった「EyeCareSwitcher」というアプリでブルーライトカットすると、白い光がセピア色になって少し目に優しくなる。

 

dynabook

もともと使っていたdynabookでは、エクスプローラが簡単に落ちたりとかWiFiが切れたりというのはなかったので、やっぱり頑強なのかなと思った。

dynabookの不満というのは一番は、タイピングするときにタッチパッドの左右に手を置くとタッチパッドが誤動作して、エディタとかでカーソルの位置が動いてしまうことである。カーソルの位置が勝手に動く。こんなストレスがあろうか。全く何も触らずに置いてあるだけで、操作したと認識されてスリープ解除とか怪奇現象が普通にある。それだけだ。それとHDDクラッチ音がうるさいくらい。

まあそれは問題なのだけど、そこに目をつむれば基本的に普通のことが普通にできたのは良かったなと思う。

フラットなスイッチタップ

スイッチタップを買った。

 

机に向かって作業するときに足元にヒーター(電気毛布)を置いてるんだけど、そのヒーターのコンセントをすごい抜き忘れる。スイッチがついてなくて音も光もないのでつけっぱなしに気づかない。

普通のコンセントのハブを置いていたのだけど、個別に電源を切れるようにスイッチタップを買うことにした。

 

コンセントタップというと、電気製品です!という感じのごつい見た目のが多い。なので木目調のきれいな見た目のやつもある。木目はお店に行ったときになかったのであるやつで選ぶことにした。木目は木目でここにあります!って主張があるので白のほうがいいかも。

Panasonicのこれにした。

 

 

スイッチON/OFFの表示がランプではなくて、物理的な色切り替えでわかるので目立たない。ランプだと電気消したときに気になるからね。

呉市立美術館と原爆ドームに行った

最近、広島の原爆関連のことをよく読んだりしていて、あと、こうの史代この世界の片隅にクラウドファンディングでアニメ映画化が盛り上がってる。
呉市立美術館の「"この世界の片隅に"展」と原爆ドームを見にいった。

 

アクセス

・新幹線で広島に行く。
・そこから呉行きの電車に乗って、1時間弱で呉に着く。
呉行きの電車はオタクっぽい人が多かった。呉には大和ミュージアムがある。
広島から呉は直通で500円。新幹線からの乗り継ぎ加算は320円。

 

呉駅からゆめタウン(ショッピングモール)を通って大和ミュージアムの方に行って、そこから美術館の方に行ったのだけど、この道はストレートなルートではない。自衛隊基地の壁の横を長く歩いて、殺風景だった。
橋を渡ったのだけど、そこから水面を見ると水がとてもきれいなのを見れた。水深2メートルぐらいあるけど透き通っている。やっぱり田舎なので海水もきれい。
写真に取ったけどうまく撮れなかった。

f:id:veritech:20161031185903j:image
美術館のすぐ手前も自衛隊音楽隊とかで、呉は海軍の街だ。
駅前の通りも飲食店の幟が海軍カレーと書いてあるお店ばかりだった。
「"この世界の片隅に”展」は11/3までなので、終了直前だった。

f:id:veritech:20161031185859j:image

f:id:veritech:20161031185852j:image

 

原爆ドーム

広島駅から路面電車で簡単に行ける。
原爆ドームって、灰色とか錆びた鉄骨の茶色というイメージだったけど、行ってみると白っぽいピンク色だった。
中国人女性が原爆ドームを背景に自撮りしていた。ここで自撮りするってどんなテンションなんだ。
はだしのゲン」で、原爆ドームを遊び場にしていて、ドームをよじ登って友達と競い合ったりしたエピソードが出てきて、
その光景を想像しようとするのだけど、なかなかイメージが沸かなかった。

f:id:veritech:20161031185844j:image

f:id:veritech:20161031185836j:image

 

平和記念資料館

入館料は大人200円。
ここは、この展示の仕方はどうなのかとかなり疑問に思った。日曜なので仕方ないけど混みすぎている。
修学旅行の中高生が一番多かった。展示が始まってすぐのところでは警備員が中高生の列と一般客と交通整理していた。
それも途中までだしあまり意味がない。リニューアル中なので、リニューアルしたら何かよくなるかもしれない。
まあしかし、日本中の学生が必ず1度は見に来る(のか知らないけど)のは日本にとって意味があるのかもしれない。
あまり混んでいるところで展示を見ると、嫌な印象とともに記憶に残るような気がする。

 

原爆スラム跡

こうの史代夕凪の街 桜の国」では、主人公のお父さんが被爆者の知り合いを訪ねていって、川原でぼーっと座るシーンがある。私はその風景が好きだったので、平和記念資料館のあとはそこに行くことにした。といっても場所はよくわからない。

f:id:veritech:20161031185826j:image

f:id:veritech:20161031185820j:image
原爆スラム跡というのはわかっていたので、このブログを見て、地形を見ながら川沿いを歩いていくとそれらしい場所に辿り着くことができて、RPGをクリアしたような達成感があった。

otokuinfomation.web.fc2.com


地図だけを見ると直線で簡単そうなのだけど、信号のない車道に遮られたり草が生えすぎて歩けるのかわからないところなどあった。原爆ドームのところから道路を渡ると、工事中の広島市民球場跡があり、スポーツ施設や科学館などの公共施設の間を通っていく。さらに信号を渡ると、広い草地があって丘の上で結婚式をしている人がいた。軽食がいっぱいある感じの屋台村もある。川沿いの方に行くと、まさに漫画の風景のようなところがあった。普通の川原で、犬の散歩をしている人とかハロウィンイベントをやってる人とかいる。
川は水面がときどき揺れていて、私は鵜が狩りをしているのではないかと思ったけど、わからなかった。川辺で座っているとサギが飛んできて、私の方を意識してるような感じでしばらくのあいだソワソワ歩いたあと、また飛んでいった。餌をもらえると思ったんだろうか。
当然だけど川原、草地やスポーツ施設で過ごしている人にとっては、原爆ドームの近くとは言っても都市の日常シーンになっていた。スラムと呼ぶと悲惨な感じだけど、漫画の中ではすごく情緒的な生活をしていたのがうかがわれて、古い生活の様子が本の中に残っているのが嬉しい。

f:id:veritech:20161031185829j:image

猫のおもちゃを百均の材料で作る

1日2回猫と遊んでいるんだけど、猫がすごくおもちゃに飽きる。おもちゃを初めて出したときは、(物によって)熱中するのだけど、おもちゃの動作パターンに慣れると飽きてしまう。
売っているおもちゃを書い尽くした感があるので、そろそろ自分で作ることにした。
しかし接着剤を使ったりとか裁縫をするのは面倒。新聞を縛る紙紐を取り出したときに猫がワクワクして寄ってきたりするので、素材を百均とかで買うだけでもいいかなと思った。素材としては紐系の長いやつとか、キラキラした色紙が良さそう。
ドギーマンなどの普通のおもちゃにキラキラした色紙が付いていて、猫はよくクチャクチャ噛んでいる。

素材を買ってきて、素材だけ動かして遊んだり、すでにある釣り竿型おもちゃに結びつけたりして遊んだ。


色紙を自分で用意できるかなと思って、これ↓を細長く切って垂らしてみたが、あまり遊ばない。ドギーマンのやつとは違うらしい。

f:id:veritech:20161015105049j:image

折り紙ではなくて両面キラキラになっている。

 

f:id:veritech:20161015105102j:image

紙テープはダメだった。長ければ良いわけではない。

あとマジックテープをぐるぐる巻けるやつ、工事用の素材みたいなやつもダメだった。猫の腕にひっつくし
いくつか試したところ、人間のおもちゃとか飾り付けの素材は、いかにも飛びつきそうなのだけどあまりくいつかなくて、手芸の材料でくいつくことが多い。

 

f:id:veritech:20161015105055j:image

テグス糸は猫の目に見えにくいので、ボタンをくくりつけるとボタンだけが飛んでいるように見えてとても良い。これ0.8mmで細すぎないし、猫が噛んでもすぐ抜けるし臭くない。ボタンをくくりつけずにテグス糸だけでもよく遊んだ。

 

f:id:veritech:20161015105058j:image

これも良かった。ゴム紐を1メートルぐらい切って振り回すとすごくよく遊ぶ。

 

f:id:veritech:20161015105226j:image

合皮紐も良かった。これを複数束ねて棒のおもちゃにつけたりした。しかしクチャクチャ噛んでしまうので臭い。

 

f:id:veritech:20161015105204j:image

あと毛糸も良かったけど、噛んで飲み込んでしまいそうだ。

だいたいヒントとしては本に載ってる素材を参考にした。毛糸とか。

 

 

この本は猫グッズ全般で、寝床とか服とかの作り方も入ってるので、おもちゃの作り方専門の本がもっと出てほしい。