点線日記

猫グッズなどについて書いています。

宮本こうじのライブに行った

先日、京都の紫明会館というところへ宮本浩次のライブに行った。

宮本浩次というのは20年くらい前に、何曲かの歌がヒットしていた歌手だ。事情はよくわからないが、あるときからメジャーな活動は止まってしまった。

彼がやっていたラジオのことなどを思い出しているうちに、ライブに行ってみようかなと思った。数年前からライブ活動を行なっていることをツイッターで知っていた。

 


声と曲が良い、上手いことはもともとわかってはいたが、行ってみたところ弾き語りで声とギターの音だけが小さなホールの中に響く、とても良い音楽であった。

私は大きな音や重低音が苦手なので弾き語りがちょうど良かったのだろう。全盛期から遠ざかってあまり期待しないでいったが、歌もギターもしっかりした技術が感じられた。

曲はほとんどがその20年前のアルバム曲。そのままではなくギターの凝ったアレンジが加えられていた。ポリネシア風というのか海辺風またはスコットランドのような北欧風。あとはピアノを弾いたりハーモニカを吹いたり、ライブツアーの中で即興で繋げる曲もあったり。

歌を滔々と聞かせる感じでいうと、この先は長谷川きよしみたいになっていくのだろうかと思った(私が知っている数少ない歌手で言うと)。

バンドと共に演奏するパターンの時もあるみたいだけど、かなり繊細そうな雰囲気で、自分で完結する弾き語りが性に合ってそうだ。もう40代終盤頃だと思うけど、あまり年齢とともに性格が砕けてきてもなさそうに思う。

 

f:id:veritech:20190524192111j:image


お客さんは9割が女性で、30代半ばから60代頃までと思われる。40代が多そう。

当日券無しのほぼ満席になっていて、アイドル的な存在への人気ではなくちゃんとみんな曲を聴きにきている信頼感がある。


宮本氏もまだそんなに年取ってもないが、これから商業音楽に戻ることもないんだろう。ライブというとインディーズであっても、前説というか開演前に係員の挨拶くらい、(写真を撮らないでとか)あるのかと思ったら、そういうのもなく時間になったら本人が登場して、極めて淡々としている。会場スタッフは4人くらいで慌ただしそう。

イベントってそんなものだろうとは思うけどもなんというか、売り出し中でない(恐らくこれから上昇に向かうでもない)アーティストのライブスタッフが、ファミリーというよりは仕事感があると、我々はどこに向かっているのだろう?みたいな何となく不穏な感じがする。別に嫌な印象ではないんだけど。

f:id:veritech:20190524192217j:image

中国語学習初心者に役立つ(または役立ちそうな)本やツール

4ヶ月ぶりの更新になる。かなり時間が経った気がしていたけどまだ4ヶ月か。

最近中国語の勉強をしていた。中国語というのは日本人が学ぶ場合に、漢字や文化を知っているアドバンテージがあるのだけど、始めてみると発音や表記が全然違っていて躓くことが多い。いろいろ本の選び方などで考えることがあったので、個人的な印象などまとめてみる。

 

検定対策本・参考書など

試験対策本

本屋で試験対策本をいくつか見たのだけど、(英語とかでもなんでもそうだと思うけど)赤シートで重要部分を確認できるようになっていて目がチカチカするタイプのカラフルな本が多い。

カラフルじゃない本で選ぶとこれが一番良かった。全部黒字で書いてあって、問題数が豊富。問題群ごとに何点取れたか書くところがあって、3回ぐらい通すと良いよという感じ。

 

中国人が書いてアルクから出版されていてなんとなく安心感がある。

 

過去問

過去問が下記の公式サイトにPDFで載っている。

www.chuken.gr.jp試験は半分がリスニングなのだけど、リスニングの音声は公式サイトに載っていない。

 

 

準4級の最新回のみだと↓このサイトに無料会員登録でリスニングの音声が聞ける。

chukenweb.jp

過去問をもっとやる場合は上のサイトでもできるし、CD付き過去問集というのも売っている。

 

中検準4級試験問題 [第86・87・88回] 解答と解説

中検準4級試験問題 [第86・87・88回] 解答と解説

 

解説本

参考書的なやつとして↓こちらが理論的でいいなと思った。

 

快速マスター中国語

快速マスター中国語

 

 例えば中国語はV(動詞)O(目的語)という順になるが、その他の文型で英語・日本語と比べたときの似ている箇所、異なる箇所など(全部が英語の語順になるわけではないとか)書いてある。

あと日本語と比べて主語を省略する度合いなど。

辞書

本屋でいくつか辞書を見たところ(まだ買っていないが・・)、どれもピンインの英字フォントが間延びしているのが気になった。 アルファベットが妙に横長で気持ち悪い。

その点をクリアしているのが下の2つ、小学館とデイリーコンサイスであった。

 

中日辞典 第3版

中日辞典 第3版

 

 

デイリーコンサイス中日辞典 第3版 中型版

デイリーコンサイス中日辞典 第3版 中型版

 

 まああと電子辞書もあると完璧だと思う。

 

書き取り

試験を受けるときに意外と重要なのが、漢字の書き取りであった。中国語の簡体字はちょっと字形が違っても日本人だと読めてしまう。しかしいざ書こうとするとどんな字だったか思い出せない。あと小学校の国語みたいにやるわけじゃないので、それぞれの字の書き順とかがわからない。

まあ辞書に書き順載ってるし、各字をピックアップして解説している本とかはあるのだけど。

書き取りの本を調べたところ、何とこれ一冊しかなかった。

書き込み式 中国語簡体字練習帳

書き込み式 中国語簡体字練習帳

 

 ↑この表紙の「練」の字が、交差したXみたいな、なんでこんな字を作ったのか訳がわからない気分になる。

ツール

中国語がわからないときに、ちょっとネットで検索して単語の意味を調べよう、とか思ったときに、読み方がわからないしキーボードから漢字を入力できないし、何を手がかりにしたらいいかわからないときがある。これは上級者の人でもあることらしい。

例えば「」?何これ??となる。

AndroidだとGoogleピンイン入力、Google手書き入力というアプリが良かった。

play.google.com

play.google.com

 

学習方法

NHKラジオ講座

初心者向けだと「まいにち中国語」というのをNHKラジオ第1でやっている。これは半年で終了するコースなので、終わりかけの(学習段階が進んだ)5ヶ月目・6ヶ月目から聞いたとしてもそんなに進みすぎていないので、聞きやすいと思う。

中国語は発音が重要なので、スタートからいきなり、発音をガンガン練習する。

普通は語学始めるときって、Good morning、Excuse me、Dog、Catといったところから始めたい気がするのだけど、なんだかわからない母音の抑揚から始まる。

聞く手段としては本物のラジオで聞く、アプリで聞く、CDを買う、ダウンロードチケットでダウンロードする、などがあって、私はアプリで聞いている。

www.nhk.or.jp

ダウンロードとかでいつでも聞けると聞かなくなってしまうので、ラジオとして毎日決まった時間に聞く方が続けやすい。

テキストは毎月18日に翌月号が発売するので、そのタイミングでネット注文している(定期購読すればいいのだけど)。

教室に通う

ラジオ講座だけだと自分でわかっているのかわからなくなるので、講師に習うことにした。

行ってみた教室だが1ヶ所目の先生は、いまいちだった。教科書にそっているのかわからない内容で、フィーリングでしゃべっているような、文法知識もなさそうな感じがした。

2つ目のところは先生が熱心で良かった。基本的に教科書に沿ってがっつり問題を説いたり、発音の演習をする。めっちゃ当てられて問題についての質問に答えないといけない緊張感がある。高校のReading英文読解の授業にとても似ている。

 

ロボット掃除機のPanasonicルーロで涼しく掃除する

ロボット掃除機の「ルーロ」を買った。
前からロボット掃除機がほしかったんだけど、もともと使っていたキャニスター掃除機を修理に出すことになり、チャンスだと思って購入。ルーロのRS20。

続きを読む

無印の猫草が多いので少量ずつ育てる

うちの猫は猫草が大好きです。

草をあげるときはいつも朝あげていて、朝ごはんの後には草あるか?草くれ!とソワソワしている。

猫草は安定供給が難しい。草が生えた鉢がスーパーやホームセンターに売ってるところもあるが、うちの近くでは売っていない。

 

で、無印の猫草キットが大変便利。2個200円で売ってるパックに水を所定の量入れて窓辺とかに置くと、1週間すると草が生えてくる。

www.muji.net

形状としては、種を埋めて層になったパルプ(やわらかい紙)が防水袋に入ってる感じ。草はエン麦ということで麦の一種のようだ。芽が出ると紙を突き破って、草が生えてくる。

これをよくあげていたが、量が多い。猫は1匹なので、全部食べきらないうちに枯れてくるようになった。せっかくの草が枯れてしまうのはもったいない。

草が伸びてから枯れるまでも1週間弱くらいかな。このキット、ちょうど畝の形状がついていて、簡単にパーツ4つに割れる。2つに割って育ててみて、草が生えてきた。

f:id:veritech:20170720214754j:image

2つに割るので、残りの分を育てるために、前に使っていた袋を乾燥させて置いておく必要がある。

最初に入れる水もちょうど半分にしておいた。慣れてきたら、2つじゃなくて4つに割ろうかなと思う。

物干し竿の設置が難しい

物干し竿を設置しようとしてるんだけど、引っ越して3か月、まだ完了していない。ずっと部屋干し。

ベランダに竿を掛けるところがあるんだけど、それの位置が高い。180cmくらいかな?

他の住人の様子を見ていても、みんな紐で伸ばしたりしてて、それがわかったので難しいなとは思っていた。紐で伸ばすのも頑丈に取り付けるのが難しいよな。

設置の途中経過を文字だけでわかりにくいですが書きます。

 

 

天吊物干用補助アーム LD50

天吊物干用補助アーム LD50

 

 「物干し竿 高い」とかで検索してこういうのがあったので、物干し竿と一緒に買っておいた。

プラスドライバーで付けるんだけど、けっこう難しい。1回やれば仕組みがわかるけど、室内で事前にどれぐらいネジを締めておくかとかが難しい。

 あと掛けるところのJ型のアームが、細くて、写真のように固定できなかった。ぶらぶらする。原理的にはJ型のところをぐるんと全部通らないと外れないので、台風とかでもないと外れないとは思う。

 

 掛けるところの幅は測ると2mちょっとぐらいかな?というところだったので、竿はこれを購入。

 

そして180cmのところに設置しようと考えるが……高くて届かない。そりゃ、設置出来たらアームも買ってないし。40㎝ぐらいの脚立が要る。

ホームセンターで脚立を見ると、1500円ぐらいのがあったので、まあこの辺でいいかなと思った。

しかしよく考えると、踏み台にできる折りたたみ椅子で、もっと安いのがあるか、ということに気づいた。ニトリのソレイユにした。571円。

https://www.nitori-net.jp/wcsstore/ec/images/Image/catalog/8700302/646X1000/870030201.jpg

 

www.nitori-net.jp

100均だともっと安いけど、40㎝以上の高さの踏み台がない。

 

以上3点で設置したのだけど、竿を掛けるところの長さが2.5mちょうどだったので、買った竿(最大2.5m)が合っていないことが分かった。いやー物干し竿で間違えることとかないでしょ、長さが合わないとは思わなかった。ここまで1か月以上かかっている。