読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

点線日記

お笑いとか猫とか使ってみたサービスについて書いています。

クレジットカードを最近よく使っている

VISAデビットのシンプルなやつ。
最初はネットショッピングだけに使っていたんだけど、あるときクレジットカードの方に入金しすぎて、普通預金に戻したいけど出金するのに手数料がかかるとかで普通のお店での買い物にも使うようになって、慣れてきた。

続きを読む

「一億総活躍社会実現対話」に行った

政治

「一億総活躍社会実現対話 in 大阪」に行ってみました。

「一億総活躍社会実現対話」SFみたいな名前です。「一億総活躍社会を実現する国民集会」とか「一億総活躍社会へ!事例と課題を検証しよう」とかもうちょっと名前の付け方はあるかと思います。一番上の人が概念だけ決めて、それを変更できないまま一番下まで降りてきた感じですね。

 

初めにわかりやすく言っておくと、私は野党応援派でして、大阪だと反維新、国政だと反自民という立場ですが、まあこういうイベントには、行ける機会があるなら行っておいたほうがいいかなという感じです。国会でよく見るような閣僚は、機会があれば生で見ておくといいです。

 

www.unei-jimukyoku.jp

会場はグランフロント大阪北館B2Fでした。

 

受付

予約するのを忘れていて、当日にフォームから申し込みました。自動返信メールが来て、申し込み完了です。

開始後5分ぐらい遅れてしまいましたが、普通に入れました。まずスマホで返信メールを見せます。参加者パスを貰って首から下げ、そのあとカバンの中身を見せる荷物検査があり、金属探知チェックもありました。

 

会場の様子

中に入ると資料と式次第の紙、アンケートと鉛筆をもらい、席につきました。最後尾にマスコミのカメラがたくさんいます。

一番前のステージに加藤一億大臣、発言者15人ぐらいが座っています。埋まり具合は8割ぐらいでした。

 

イベントの中身

ステージで発言する一般の人がいまして、どういう人かというと、若手グループ、企業人、社会福祉グループという感じですね。

若手が大学生とか、子供産んで休職後職業訓練中の人とか。企業人が、有名企業で、働き方改善に取り組んでる人や、SOHOの人とか。社会福祉系が、福祉法人で働いてる人や、精神障害のある人とか。

若手の人もキラキラしてるし、企業の人も超有名企業とか百貨店とかという感じなので、何かピンと来ないなーというところに、社会福祉系の人にちょっと共感できるかなという印象でした。それぞれトークの上手さにはばらつきがあるのですが、福祉業界で非正規雇用の若者が、収入が低く不安定で好きな仕事なのに続けにくいというのを熱く語っていて、まあやらせではないかなと思いました。

3人語るごとに加藤大臣が何かコメントとか質問とかしていく感じですね。

仕事を効率化して残業ゼロを目指しているという男性に対して、加藤大臣が「残業代がなくなるのでそこは言われませんか?」とコメントしており、なんか妙な方向に鋭いなと思います。残業代稼いでる人も多少いるみたいですね。大臣としても、国民の所得が増えて税収を増やすのが目的でもあるので、そういう発想にはなるんでしょう。その男性は、「いや残業代というよりは、朝7時から夜の9時まで働いてるとかそんな状態になってるので、まずそこを改善している」と返答していました。

子供を産むために退職した女性に対しては、加藤大臣が「育児休暇を取るという選択肢はなかったですか?」と尋ね、女性は「切迫(早産)の危険があったので、すぐに辞めなくてはなりませんでした」という返事でした。すぐに病欠+育児休暇というのができないということですかね。

 

最後、会場からのコメントや感想を受け付けますが、そのときに女性の司会者が出てきて、この人が仕切りすぎるので辟易する感じでした。かなり早い時間でコメントを打ち切ろうとする。コメントしたいと手を上げていたのが15人ぐらいかな、コメントできたのが4人ぐらいでした。スキンヘッドの人が挙手してましたが当たりませんでした。

ここで、大阪なので反自民・反維新の人が事件を起こすのを期待していましたが、あまりそういうのはなかったです。やっぱり大企業の人の話が多いのは会場でも抵抗があるみたいで、非正規の福祉業界の人には高評価のコメントがありました。あとは中年男声が、自分は会社を2つ目で28年ぐらい勤めてるが、今の若者は理由なく会社に入ったりやめたりする、ちゃんと目的を持ってほしいみたいな、20年前の化石みたいなコメントをしていました。

 

www3.nhk.or.jp

 

終わって、帰ろうとすると、毎日新聞の人に取材されました。大阪ダブル選挙の時も、閣僚の応援演説を見に行ってたら毎日新聞の人が話を聞いてきました。なかなか熱心ですね。まあ私は大したことしゃべれないですが。

どうだったかと聞かれたので、発言してるのが有名企業の人、生活が順調にいっている人ばかりで、現実は非正規や中小企業に勤める人が多いと思うので、実態を反映していないと思う、淡々と話しをしてコメントをしていくだけで、台本通りに進めている感じがする、と答えました。政治に全体的に興味があるので来た、労働者の待遇改善をしてほしい、経営者の利益に偏りすぎている、一億総活躍については活躍できない人もいるのでそういう人も生きやすい社会にしてほしいと思う、といったことを話しました。

 

枚方保育所の視察があったんですね。

www3.nhk.or.jp

蓮池透著「拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々」を読んだ

国会で民主党・緒方議員が安倍総理に質問したことで話題になった本を読んだ。
題字とか写真とかすごい。本だけ見てると(拉致被害者や家族の方に申し訳ないが、)本の見た目が激しすぎてすごく面白い。首相批判として突き抜けている。

続きを読む

宜野湾市長選挙についてまとめてみる

政治

2016年1月24日投開票の宜野湾市長選挙。米軍基地の撤去・移設が争点となり、今年の参院選に向けた重要な選挙と言われてきたが、結果は自民公明が推薦する佐喜真氏が約2万7千票、オール沖縄のシムラ氏が約2万1千票。政権側が大差をつけて勝利したことで、普天間基地辺野古移転に追い風となってしまいそうだ。
選挙戦というものとか、米軍基地という問題などわからないことが多いのだけど、それなりの印象というのがあるので私の印象をまとめておく。

続きを読む

なぜ人々はSNSを使うのか

ある高齢男性が、なぜツイッターFacebookなどのSNSが流行っているのかと疑問に思っていて、収益構造に不信感を抱いており、説明するのに苦労した。

SNSの主要な使い方としては、友人や家族や職場で何をしたとかどこに行ったとか何を食べたとかみんな共有したいというのがあったり、そこに会社とか店舗が入り込んできて宣伝に使ったり、新聞社やニュースサイトが配信に使ったりというのがある。

SNSを始めようとすると何かと電話番号を聞いてきたり、知り合いですかと他のアカウントを紹介してきたりして、プライバシーが侵害されてそうな印象を受ける事が多い。自分なりの使い勝手が決まってくるとまあその辺は気にならなくなってくるのだけど、何でプライバシー侵害されてるのに使うのかと聞かれると困る。実際の知り合いがサジェストされる機能を最大限使っている人もいるだろうし、毎回出てくるけど無視してる人もいるだろうし、それはそれとして置いといて、いろいろ情報を受け取ったり発信したりというメリットが大きいので、生活の一部のように使っている。

Facebookの方がプライバシー侵害感が強かったり、ツイッターだとわざわざ連携しなければ実生活の知り合いがおすすめされることはまずなかったりというのはある。

まあ何がお金になってるかというと、人々の関連を見れるビッグデータっぽいやつなんだろうけど、ビッグデータだけがお金になってるとも限らないとは思う。

年末の新聞記事で、若者がツイッターをこういうふうに使っているのがあって、それで奇異に思っているようだった。その内容は忘れてしまったけど、確かに10代ぐらいの人のSNSの使い方は病的な感じがする。フォロワー数やいいねの数を異常に重視している。

 

さらにその人が気にしているのは収益構造であった。どうやって稼いでいるのか。

これも新聞記事で、Facebookザッカーバーグが、子供ができたことを機に、世界のいろんなことに役立てたいと5兆円寄付する、というニュースが引っかかったようだった。何で無料のウェブサービスでそこまで稼いでいるのか。Facebookの利用者数が多くいろんなことに使えるので出資する人が多いのだと言ったが納得出来ないようだった。私も実際のところどうなってるのかはっきりはわからない。

 

jp.techcrunch.com

マイクロソフトとかゴールドマン・サックスが株を持っているらしい。

 

そりゃ、実際のユーザーが利用料金を支払って、利用料金×利用者数で稼いでいたらわかりやすいけど、そういう構造の業態のほうが少ないだろう。

新聞社に例えようと思ったが、新聞社の収益は広告と購読料金という目に見えるものの割合が高いだろうな。

とにかくネットサービスはファンディングで成り立っていて、可能性とかポテンシャルが高そうなものがお金になる。人気のサービスは上の方ですごいお金が動いている。それを説明するのが難しい。

高齢男性っていうか父親なんだけど。

X型の猫用爪研ぎ(ハンモック・スクラッチャー)を置いてみた

商品写真だと猫が上に乗って爪研ぎしてたけど、すぐには自分から乗らなかった。
 

f:id:veritech:20151230105301j:imagef:id:veritech:20151230105253j:image

抱っこしてわざと載せると、そこでしばらく爪研ぎしていた。5.5kgだけど乗れて良かった。f:id:veritech:20151230105327j:imagef:id:veritech:20151230105343j:imagef:id:veritech:20151230105358j:imagef:id:veritech:20151230105411j:image

遊ぶ時の衝立にいろいろ使えそうです。f:id:veritech:20151230105438j:imagef:id:veritech:20151230105503j:imagef:id:veritech:20151230105532j:image

f:id:veritech:20151230201827j:plain

良いお年を〜